みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

小説

真夜中の台所

真夜中、突然目が覚めた。 喉が乾いた、水が飲みたい。 部屋を出て階段を降り、台所へむかった。 コップに水を汲み飲み干した。 目をつぶって耳をすますと、 冷蔵庫の中から音が聞こえてきた。 とびらをそっと開けてみると、たまごたちが歌い踊っていた。 歓…

面白い本は何度読んでも面白い。

この小説を読んでるとロマンを駆り立てられる。 海底二万里 ジュール・ヴェルヌ著 1860年代後半、世界の海を舞台にした海洋冒険小説 潜水艇ノーチラス号 驚異の物語 この小説はまず最初に1869年から1870年にかけて パリの エッツェル社の教養娯…

短編小説 アフリカ

蒸気船が船着き場につくと、大勢の乗客たちが、我先に降りていった。 その乗客に押し出されるように、男が降りてきた。 男が川岸を歩いていると、大きな丸太が、川に浮かんでいた。 「あれはワニだな。」 男が草原を歩いていると、大きな岩が、地面から突き…

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 本 小説 面白い

読み終わった後、不思議な気持ちになります。 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 フィツジェラルド 著 初出 1922年 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (角川文庫) 1860年、アメリカ、バルチモア 病院で、一人の老人が生まれる。 姿だけでなく心も70…

1984年 おすすめ この本、絶対読むべき 

ビッグ・ブラザーがあなたを見ている 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) ジョージ・オーウェル著 あらすじ ビッグ・ブラザー率いる党が支配する全体主義国家 ウィンストン・スミスは真理省記録局で働いている。 仕事内容は歴史の改ざんだ。 ある時、女性…

Brooklyn ブルックリン これは、映画と小説、どちらも面白い。

小説 ブルックリン コルム・トビーン 著 白水社 ブルックリン (エクス・リブリス) 1950年代前半、アイルランドの田舎町エ二スコーシー 主人公 アイリーシュは、母親と姉と三人で、暮らしている。 父親は死に、兄兄弟たちは、家を出て、独立して暮らして…

レヴェナント 蘇りし者 この本とても面白かった。アウトドア好きな人の必読書。

レヴェナント 蘇りし者 マイケル・パンク著 レヴェナント 蘇えりし者 (ハヤカワ文庫NV) とても読み応えのある本だった。 実話を元にした小説だが、そんな事はどうでもいいくらい面白かった。 ヒュー・グラス - Wikipedia 1823年の夏から、1824年の春…

読書感想 THE WOLFMAN ウルフマン これは面白い

これは面白い。 夜更けに読む本としては最高。 映画 ウルフマンのノベライズ本です。 www.imdb.com ノベライズとは、映画の脚本を小説にしたものです。 ジャンルは、モンスター小説。 題名どうり、ウルフマン、人狼の物語です。 19世紀末のイギリスが舞台…

1日中、本を読んで過ごす。

今日は一日中 何処へも出掛けず、本を読んで過ごしました。 まぁ、天気が曇り雨で、外で遊ぶような天気でもなかったしね。 のんびりとした1日。 やっぱり本は良いですね。 今 読んでる本は、これです。 レヴェナント 蘇りし者 マイケル・パンク 著 1800…

映画 オデッセイ 観たよ。面白かったけど、原作を速読してるみたいだった。The Martian Good Movie.

映画 オデッセイ観ました。 The Martian あらすじ 火星探査中、 猛烈な砂嵐により、一人 火星に取り残された マーク・ワトニー 彼は、限られた物資、自らの知識を駆使して生き延びて行く。 火星サバイバル映画。 面白かったです。 youtu.be youtu.be 映画の…

白鯨との戦い 小説 読んだ。映画 観た。どちらも面白かった。IN THE HEART OF THE SEA 壮絶な海難サバイバル物語

白鯨との戦い IN THE HEART OF THE SEA ナサニエル・フィルブリック著 相原真理子 訳 集英社 文庫 白鯨との闘い (集英社文庫) ノンフィクション 本当にあった話です。 あらすじ 1820年11月、ナンタケット島の捕鯨船エセックス号は、 太平洋沖で巨大な…

図書館で本を借りる。だけど...ぜんぶ読むの大変。

図書館で借りた本です。 借りるときは、心ウキウキ あれも借りたい これも借りたい。 選んでる途中で、本を読み始めてしまって、気がついたら、 2時間たっていて、慌てて本を選び始めることもしばしば。 図書館の本に囲まれる 独特の雰囲気 大好き! 読みた…

この本、面白かった! 赤ひげ診療譚 読んでみて。山本周五郎 作

面白かった。いやマジで。 赤ひげ診療譚 山本周五郎 作 あらすじ 江戸時代、幕府の御番医になるつもりで長崎へ遊学した 保本登は、小石川養成所の医長 新出去定(赤ひげ) に呼び出され、医員見習いを命じられる。 これは、若者、 保本登が、小石川診療所に来…

火星の人 絶対読め この本 面白いから。映画 オデッセイの原作

火星の人 アンディー・ウィアー作 早川文庫 Amazon.co.jp: 火星の人 (ハヤカワ文庫SF): アンディ・ウィアー, 小野田和子: 本 (新刊は上下巻2冊に分かれてしまいましたね。) 面白い 面白ですこの本。 現代の、いや未来のロビンソンクルーソー物語。 サバイ…