読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

とある日の出来事、床屋にて。

散髪しに床屋に行ってきた。

私の行きつけの床屋、3Q CUT。

その日はたくさん客がいた。

それを見て今日はやめようかなと思ったが、

明日以降になっても客は減らないだろうと思い直し、

自分も券売機でチケットを買い列に並んで座った。

 

客は10人くらい並んでた。

店員は3人。

先に来た客から順番に店員に呼ばれていく。

それにしてもその日は客が多かった。

なかなか列は進まなかった。

 

そのとき一人の客が店内に入って来た。

白髪頭で小太り、老眼鏡を鼻の上にのせている初老の男だった。

券売機でチケットを買い、その男も列に並んで椅子に座った。

男は、左右に座っているおばさん達と軽く世間話をしていたが、

しばらくすると突然 店員を指差しながら、

「おい、おっさん、おっさん、二人しか居ないのか。」と大きな声で言い放った。

店員は3人居たのだが、その男には二人しか見えなかったらしい。

店員が返事していたが、なんと言っていたのか自分には聞こえなかった。

 

「まったくここは3Q CUTだろ、3Qはサンキュー、ありがとうだぞ、

    こんなに時間がかかってるんじゃぁ、ちっともありがとうって気持ちにならん。」

男は、となりのおばさんに話しかけるようにブツブツ言っていた。

おばさんは軽く笑っていた。

 

ちょうど先客の散髪が終わったとき、その男はすばやく店員に声をかけ、

待てないからお金を返金してくれ とチケットを店員に差し出した。

店員はいそいで棚の引き出しの鍵を開け、お金を取り出し男に渡した。

お金を受け取った男は足早に店の外へ出て行った。

 

店員は「ありがとうございました。」と言うと並んで座っている客に声をかけ

散髪しに戻っていった。