読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

映画 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 Fantastic Beasts and Where to Find Them 観たよ 面白かったよ

映画予告

youtu.be

あらすじ

時は1926年、

若き 魔法動物学者のニュート・スキャマンダーは、とある目的のため、

アメリカ ニューヨークを訪れる。

しかし、ちょっとした不注意のため、自身のトランクケースから、

魔法動物を、逃がしてしまう。

ニュートは、ニューヨークで出会った 人間界のジェイコブと一緒に、

逃げた魔法動物を探し、捕まえようとする。

 

この時代、

魔法界と人間界は隣り合わせ。

魔法界の人々は、その世界を人間界の人々に、さとられないように生活していた。

しかし、謎の闇の力があらわれ、魔法界の存在が、人間界に知れ渡り始める。

そしてついに人間界で、残虐な事件が起きてしまう。

はたして 魔法界と人間界との間に、戦争が起きてしまうのであろうか?

 

ハリー・ポッター シリーズと同じ世界観の物語です。

ハリー・ポッターは、原作がありましたが、

こちらは、映画オリジナルストーリーです。

 

映画の原案 脚本を、ハリー・ポッター シリーズの原作者 J.K.ローリングが、

執筆しています。

 

この映画の原案本

幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター)

映画を観た感想。

一つ一つのエピソードの流れが、とても ゆったりとしている。

駆け足で見せる事無く、じっくりと魅せて行く。

やはりこれは、長編小説を書いていた J.K.ローリングが、

脚本を執筆したからだろう。

映像的にスケールが大きい。

あと、当時のアメリカ移民の国の雰囲気が、音楽などを含めて、

とてもよく再現されていた。

(私的には、劇伴音楽を減らして、もっと街並みなどの効果音を、

聞かせてほしかった。)

ホットドッグ 美味しそう、ジェイコブのパン食べたいな。

 

映画オリジナル脚本 (日本語訳版) が、2017年に発売されます。

www.sayzansha.com

 

映画データベース

www.imdb.com

撮影メイキング映像

youtu.be