読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

餅と和尚

小説。

吹雪の夜

一軒の寺で、餅と和尚が向かい合って、酒を飲んでいた。

「今夜は冷えるねぇ」と、餅が言った。

「だったら、ほれ この囲炉裏の中に入ったらいい、暖まるぞ。」と、和尚が言った。

「じゃぁ、そうさせてもらうかね。」

そう言うと、餅は勢いよく囲炉裏の中へ飛び込んだ。

「あぁ、あったかい。」ぷぅ と、餅が膨らんだ。

「ほれ、もっと暖まるがいい。」和尚は、真っ赤に燃えた炭を餅にかけてあげた。

「あぁ、しんまで暖まる」ぷぅ さらに餅が膨らんだ。

それを見ていた和尚、餅をつまみ上げると、ひとくちで食べてしまった。