読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

Brooklyn ブルックリン これは、映画と小説、どちらも面白い。

小説

ブルックリン

コルム・トビーン 著

白水社

ブルックリン (エクス・リブリス)

f:id:tasunosuke:20160709204917j:plain

f:id:tasunosuke:20160709204945j:plain

 

1950年代前半、アイルランドの田舎町エ二スコーシー

主人公 アイリーシュは、母親と姉と三人で、暮らしている。

父親は死に、兄兄弟たちは、家を出て、独立して暮らしている。

 ある日、アイリーシュは、神父の紹介で、アメリカで仕事をする事になる。

アメリカ ニューヨークにあるブルックリンへ、一人旅立つアイリーシュ。

大都会アメリカでの新しい生活、初めて出会う人たち。

いろんなことを経験して大きく成長していくアイリーシュ。

この小説は親もとを離れ、自立する女性の成長物語です。

アイリーシュは、20歳ぐらいの女性です。

彼女の普段の日常生活が、いきいきと描かれています。

映画の原作です。

 

映画 ブルックリン

www.foxmovies-jp.com

映画データベース

www.imdb.com

日本予告編

youtu.be

海外予告編 

youtu.be

youtu.be

とても綺麗な映像です。

映画のアイリーシュは小説版とくらべると、きれいすぎるというか、

すましてるというか、どちらかというと、

自分は小説のアイリーシュが好きだな。

予告編や映画の内容は、原作と比べると、

少し感傷的すぎるように感じた。

それと映画は、恋愛が強調されすぎてるとも思う。

原作は、爽やかな物語だよ。

若者が主役だからね。

 映画はさらりと流れるように、小説はじっくりと物語が進んで行きます。

ブルックリン

これは映画と小説、両方面白いです。

映画を観て小説を読む、または小説を読んでから、映画を観る

どちらでも楽しめます。

 

派手な映画では無いけど、できれば映画館などで、集中して観ると良いと思います。

ながら見するような映画じゃないよ。

 

本当におすすめです。

映画 ブルックリン メイキング映像

youtu.be

予告編に使用された音楽です

youtu.be