読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

バットマンvsスーパーマン 観たよ 感想

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生を鑑賞しました。

この映画の詳しいデータ(英語)

Batman v Superman: Dawn of Justice (2016) - IMDb

2013年に制作された映画 マン・オブ・スティールの続編

 

単純で明るい アクション映画ではありませんでした。

 

あらすじ

メトロポリスゴッサムが、同じ時代、同じ場所に存在する世界。

街や人々を破壊しながら、敵と戦うスーパーマン

それを見て、怒りと憎しみを募らせる、

バットマンことブルース・ウェイン

二人の対決を煽るかのような態度をとる、LexCorp社の若き経営者

レックス・ルーサー

スーパーマンは、愛と正義のために戦っているが、

あまりにも被害が大きすぎる。

そのためメトロポリス議会は、公聴会を開き、

スーパーマンを出廷させるが、そこでも悲劇が。

 

映画の語り口がとても文学的です。

登場人物が多いので、三人称で語られています。

 (これ、編集に苦労したんだろうなぁ)と思う。

 

非常に重々しい映画。

登場人物みんな 心からの笑顔を決してみせない。

色を押さえた映像、重厚な劇伴音楽、クラシック音楽

私が覚えてるかぎりでは、明るいポップミュージックは、

使用されてませんでした。

 

第一幕

バットマン、スーパーマンそれぞれの苦悩

第二幕

バットマンとスーパーマンの対決 

第三幕

バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンが協力して、

レックス・ルーサーが生み出した怪物と戦う。

 

ワンダーウーマン!?

彼女は映画の前半から、謎めいた美女として登場はしているのですが、

前半の印象が薄くてクライマックスに、

いきなり登場するような 印象を受けます。

 (ワンダーウーマン とても強いよ)w

 

物語や登場人物の関係が、少し複雑なので、

理解しやすい映画ではないのですが、なんとか楽しめました。w

 

最後、スーパーマンは復活するのか?