読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

映画 ブリッジ・オブ・スパイ 観た。面白かった。

映画 ブリッジ・オブ・スパイ 観たよ。
面白かった。

映画予告

youtu.be

映画 制作情報

www.imdb.com


これは、映画館で観る映画だね。絶対。
米ソ冷戦時代
1950年後半〜1960年代前半のお話
当時、実際にあった、米ソ 人質交換事件をもとにしたお話。

主人公は、一人の民間弁護士。

アメリカで捕まった ソ連のスパイと,

ソ連で撃墜されたアメリカ軍 偵察機パイロットと、東ドイツで逮捕されたアメリカ人学生を、

交換しなければいけない。

 

ソ連のスパイ一人 対 二人のアメリカ人の交換。

 

しかも ソ連と東ドイツ、それぞれが、直接アメリカと交渉したいと言う。

ソ連と東ドイツは、お互い一緒にしないでくれと言う。

アメリカ政府は直接交渉したくない

さあ、どうする。

 

圧倒的、ヒューマニズム映画だった。
感動して、涙 溢れるのとは違う。
こう、胸の内から、熱くなる感じ。
それがゆっくりじわりと、あふれでてゆく感じ。

 

上映時間 141分だけど、演出がキビキビしているから、

120分で終わる感覚です。

なんだろう、無駄、余分なものがないからだろうな。

 

だけど、

ところどころ ユーモアやコミカルな場面もあり、

そのおかげで、映画自体が重く暗くなっていない。

 

スピルバーグ監督、これ本気で作ってる。
演出がすごい。プロフェッショナルだよ。
映像、脚本、演技、セット、小道具、衣装、編集、音楽、音響、その他 スタッフ、
みんなプロの仕事している。
もちろん、また観に行くよ。
オススメ映画だよ。これ、若い人たちに観てほしいな。

 

ブリッジ・オブ・スパイ

日本では、あまり話題になってないのが、とても残念です。

 

この映画、以前のブログにも書いた。

でも、面白かったから、何度でも紹介したい。www

tasunosuke.hatenablog.com

 

今の10代、20代の若者って、海外の映画 観てるのかな。

最近、思うんだけど、

日本の若い人の海外への興味が、低下してるような気がする。

気のせいかな。そうだといいな。