読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

しゅてんどうじ 絵本 おもしろいよ。

しゅてんどうじ (創作大型えほん)

たかし よいち・文

 那須 良輔 絵

f:id:tasunosuke:20150727114049j:plain

 あらすじ

あるむかし

豊後と筑後と肥後の国境のさとに、

こどもがうまれた。

秋の日の、あかね雲のようなはだの、

じょうぶな子だ。

子はみな、乳をもとめてなき、

母をこいしくてなく。

だが、この子は、酒をもとめてなき、

父をこいしてないた。

f:id:tasunosuke:20150727112444j:plain

 

このしゅてんどうじ お酒を飲んでそだちます。

毎日、毎日 酒を飲みます。

飲むというより、親が飲ませています。

子供に酒を飲ませるなんて ヒャっハーですね。

ときがたち

村人たちは、あることに気がつきます

しゅてんどうじが もらすしょんべんが 

さくもつを、ぬらすと、

さくもつが とてつもなく そだつことを。

国中のひとびとがきそってしゅてんどうじを

かりうけます。

しゅてんどうじは、国中に、しょんべんを、

まきます。

すると、やせた田んぼ、畑の作物は、

大きくたくさん実ります。

木々も、大きくそだちます。

f:id:tasunosuke:20150727112523j:plain

f:id:tasunosuke:20150727112535j:plain

村人 大感謝です。

あるとき、鬼があらわれて村人を襲っては、

食べてしまいます。

(進撃の巨人みたい)

f:id:tasunosuke:20150727112555j:plain

しゅてんどうじは、ひさごをたずさえ、

国境の峠で鬼を待った。

f:id:tasunosuke:20150727112619j:plain

この後、鬼が現れ、しゅてんどうじと酒の飲み比べを、

始めます。

さて どちらが勝つか、

f:id:tasunosuke:20150727112644j:plain

どうなってしまうのか。

しゅてんどうじは、鬼を退治できるのか。

酒呑童子というと、こちらが有名ですね。

酒呑童子 - Wikipedia

でもこの絵本は、こちらのの伝承がもとになっています。

酒呑童子山 - Wikipedia

古い絵本なので、本屋さんにはおいてないかもしれません。

図書館で借りた方がいいかも。

 

今、こんな本を出版したらネットメディアが大騒ぎでしょうね。笑

 (子供がお酒を飲むなんて、けしからん)

私は、このお話 大好きです。