読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

火星の人 絶対読め この本 面白いから。映画 オデッセイの原作

火星の人
アンディー・ウィアー作
早川文庫

f:id:tasunosuke:20150721094344j:plain

f:id:tasunosuke:20150721094429j:plain


Amazon.co.jp: 火星の人 (ハヤカワ文庫SF): アンディ・ウィアー, 小野田和子: 本

(新刊は上下巻2冊に分かれてしまいましたね。)


面白い 面白ですこの本。
現代の、いや未来のロビンソンクルーソー物語。
バイバル物語
みんな絶対、読んでほしい。

 あらすじ

有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、
猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。
だが、不運はそれだけではなかった。
火星を離脱する寸前、折れたアンテナがクルーの一人、
マーク・ワトニーを直撃、
彼は砂嵐のなかへ、姿を消した。
他のクルー、地球にいる関係者すべての人たちが、
彼のことを、諦めた。
しかし、奇跡的にマークは生きていた。
火星に一人残された彼は限られた物資、自らの知識を駆使して生き延びていく。
ハードSF小説

 

マーク・ワトニーを、火星から救出する。それだけ。

たったそれだけのお話です。

 

マークはその場にある物を、利用してサバイバルしていく

ものすごい緊迫感です。

ちなみに彼は植物学者、エンジニアです。

彼は、どんな危機的状況におちいっても、現実的に客観的にものごとを

観察し科学、物理、植物学の知識を利用して、一つずつ問題を解決して行きます。

(この本読むと、また勉強したくなってくるから不思議)

だけど、マークは、どんな危機的状況でもユーモアを、忘れません。

笑えます。ところどころ笑いがこみ上げてきます。

主人公のマーク・ワトニーは、

火星でのサバイバルを、楽しんでいる雰囲気さえあります。

 

他の人々もとても魅力的に描かれています。

宇宙船乗組員、地球にいる宇宙管制官の人々、みんなが彼を助けようとします。

映画 アポロ13

おぼえてますか?

この本にくらべたら、あんな映画、スケールが小さいです。

お子様映画です。

私は、もう一度、読みます。だって超絶 面白いんだもの。

絶対読め。笑

 

あまりに面白いので、映画になりました。

The Martian 映画 オデッセイ 予告

監督 リドリースコット

主演 マットデイモン

youtu.be

youtu.be

The Martian 映画 オデッセイのメイキング映像です。

youtu.be

映画 早く観たいです。

日本劇場公開

2016年2月5日より全国ロードショー

 

作者 アンディー・ウィアーさんのホームページです。

http://www.andyweirauthor.com/

 この物語、最初 アンディーさんは、ブログでこつこつ 書いてたんですって。

それを無料公開していました。

その内容が、あまりにも面白くて、話題となり、一冊の本になり、

出版される。さらに話題となり、

その後、映画化。すごいですね。