読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

狼王ロボ シートン動物記

シートン動物記 シリーズ

アーネスト・T・シートン

内容(「BOOK」データベースより)

人間の仕掛ける罠を嘲笑うかのように逃れて、コランポー一帯の牧場を荒らしまわる狼王ロボ。しかしロボにも弱点があった…。

自然の尊厳と脅威を体現したかのような狼の物語の表題作以外に、孤独な森の王者となった熊の生涯を描いた「灰色グマの伝記」、小さな妖精「カンガルーネズミ」、

威厳に充ちたシカを狩猟する少年の物語「サンドヒルの雄ジカ」を収録。

f:id:tasunosuke:20150702203401j:plain

 

動物を主人公にした動物物語です。

作者シートンは、子供の頃 家族と一緒に

イギリスからカナダへ引っ越してきました。

彼は、カナダの自然の中で動物を観察し見たものを

絵に書いて記録して行きました。

のちにそれらをまとめて小説にしたのが

シートン動物記です。

多少は脚色してあり、完全なドキュメンタリーではありません。

しかし 博物学者でもあったシートンは、出会った動物を

丁寧に観察記録してそれをのとに書いていますので

小説に登場する動物たちはとても生き生きとしています。

そして、読んでいるうちに、

まるで目の前で起きているかのような 

自分が実際に体験しているような気がしてきます。

シートンは、

オオカミだけでなく他にもいろんな動物を主人公にした

小説を書いています。ぜひ読んでみてください。

f:id:tasunosuke:20150702203419j:plain