読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

恐るべき子供たち 

恐るべき子供たち

ジャン・コクトー  著

1920年代フランスを舞台にした中編小説。

f:id:tasunosuke:20150702101418j:plain

内容(「BOOK」データベースより)

14歳のポールは、憧れの生徒ダルジュロスの投げた雪玉で負傷し、

友人のジェラールに部屋まで送られる。

そこはポールと姉エリザベートの「ふたりだけの部屋」だった。

そしてダルジュロスにそっくりの少女、アガートの登場。

愛するがゆえに傷つけ合う4人の交友が始まった。

 

子供たちが主役の青春物語です。

大人たちは、全く登場しません。出てきても

ほとんど影がなく、印象に残りません。

子供たちだけの世界の中だけで、物語は進んで行きます。

10代の多感な時期、しかしとてつもなく小さな世界

自分の感情をコントロールできないもどかしさ、

最後 彼らは、溜まりにたまった感情を爆発させ、

悲劇的な結末をむかえます。

大人からみれば、他に解決する方法なんていくらでもあるのにと、

思うでしょうが、

ぜひ読んでください 

f:id:tasunosuke:20150702101439j:plain