読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな これおもしろいよ! diary

面白いと思ったことをつぶやきます。

みんな この本読んで!北極星号の船長

北極星号の船長

f:id:tasunosuke:20150701145850j:plain

f:id:tasunosuke:20150701145928j:plain

アーサー・コナン・ドイル作者

推理探偵小説シャーロックホームズ

の作者です。

実は、コナンドイルはホームズ以外の本も、たくさん書いています。

この本は、怪奇小説短編集です。

怪奇小説といっても、そこは探偵小説作家コナンドイル

最後は現実的なオチになっています。怪物も、登場します。

あやふなままで話を、終わらせない

面白いです 絶対読んでください。それでは。

内容(「BOOK」データベースより)

氷に閉ざされた極地の洋上を舞台にした怪異譚「北極星号の船長」を表題に、高空飛行の限界に挑むパイロットが目撃した怪物たちの世界「大空の恐怖」や、アンティークが呼びさます古の出来事「革の漏斗」「銀の斧」、ファム・ファタルに翻弄されてゆく男の曲折をつぶさに描く「ジョン・バリントン・カウルズ」「寄生体」など十二編を収録。シャーロック・ホームズを生んだコナン・ドイルの、怪奇小説作家としての横顔に焦点を定める。理趣と夢想・幻想のあわいを軽やかに住還する、ドイル・コレクション第二集。

北極星号の船長 <ドイル傑作集2> (創元推理文庫) 文庫 – 2004/12/11